LEAGUE OF FAITH VOL.61 冬の陣 終了! | NEVERTRUST

2019/12/05 20:41

リーグ・オブ・フェイス VOL.61 〜冬の陣 2019〜が終了した。


毎年12月に開催されているので、これが終わると「ああ今年もあとわずかか...」となる、自分のなかで風物詩のようなイベントなんです。

今回の会場は新宿歌舞伎町にある老舗のACB(アシベ)ホール

200人くらいは優に入る、広いスペースのライヴハウス。

そのため、今回は物販スペースもいつもより拡大して出せることになり、
RAISE A FLAGのリーダー家富君の車で昼間から搬入しました。

これは事務所の前で「行くぞー!」というポーズ(笑)

搬入→設置→バンドのリハとスムーズに進む。
ツーマンだからみんなちょっと余裕があるね。
前列 ヨッコイ(PET)、家富(RAISE A FLAG)、そしてこの日でレイフラを卒業するARAI 69。

いよいよオープン。DJの方は大丈夫かな〜?
というのは、この日設置したターンテーブルはZONE-Bからレンタルしたもの。
いつもとちょっと勝手が違うので試しながらスタート!

レゲエから始まりパンクにいって、丁度4SKINSをかけたあたりで雷矢が登場!

ここ数日は雷矢ばっかり聴いていたからな〜感激よ。バッキバキの音が気持ち良かった。

新曲 春夏秋春

ヤスオさんがMCで再生回数が全然伸びないと言ってたけど、千回は越えてるからね。
とても良い曲です。聴いてください。再生回数伸ばしましょう(笑)

そしてRAISE A FLAG登場!

約5年間ギタリストで活躍した新井君のラストライヴだったが、いつも通りのライヴをやりたいという本人達の意向で
特別な演出一切なく、いつもどおりに徹したステージだった。それがまた心に沁みたな。
いつもと違ったのは「STIFF LITTLE FINGERS / NOBODY'S HEROS」を演ったのと(最高だった)、
1曲目に「WE ARE THE SKINHEADS」を持ってきたこと。
リーグではいつもアンコールの最後の最後に「WE ARE THE SKINHEADS」を演奏して、
フロアーからステージにお客さんもたくさん上がって、マイクを取り合い、ぐちゃぐちゃになって終演!っていうのが恒例となっていた。

それではこの日のアンコールはどうするのか!?

そう、この日は特別に雷矢とレイフラのセッションとなった!

曲はSHAM 69 / IF THE KIDS ARE UNITED と、BLITZ / NEW AGE

自分もステージに呼ばれ、一緒に歌うことに。

NEW AGEではヤスオさんから2番を振られ、ガムシャラに歌いました(笑)

バンドマンでもないのにステージに上がって歌えるなんて感無量ですよ。

盛り上げてくれた親愛なる同志たちよ、ありがとう!

そしていつも活躍の場を与えてくれるRAISE A FLAGに感謝します。

ライヴ後の打ち上げはそのままACBで。

ヤスオさんとバーミンガム出身のスティービーだっけな?なんでもGBHのコリンと近所だったとか。
日本のパンクが好きみたい。

そして火曜日にACBに残しておいた荷物を家富君と搬出に行ってオレたちのリーグ・オブ・フェイスは終了した。
プチ打ち上げ!おつかれさまでした!


RAISE A FLAGの次のライヴは12月14日(土)柴崎RAT HOLE で BOOTSTOMP NIGHT
盟友 ANGER FLARESOi! VALCANSとの3マン!

そして、なんと偶然なのか意図的なのか!? 12月14日(土)は新井君のニューバンドのデビューライヴが中野MOONSTEPで行われます。

「ただパンクロックしたいだけ」
ARAI69 WITH KITAKO RIOT と、対バンはQUESTIONS AND ANSWERS真摯室伏...
って、東京のSKINS〜Oi! モロかぶりじゃん!
みんなどうすんだろ?
どっちに行くのよ?
ハシゴは厳しいぞ〜(マジで笑)